オススメ!国立シカン博物館

11月11日(金)阪急交通社・海外現地生情報に国立シカン博物館が掲載されました。

チクラヨ郊外のフェレニャフェにある、国立シカン博物館のご紹介。南イリノイ大学の島田教授率いる発掘調査隊が1991年に発見した「黄金の大仮面」は、世界中を驚かせました。島田教授がシカンを1つの独立した文化だと公表するまで、シカンの黄金製品はチムーやインカのものと思われていたのですから!(どう見てもインカとは違うやろ~と素人でも思うのだけど、まあその辺が大らかというか適当というかね/苦笑)

現在もシカンの発掘調査は続いています。島田教授の下で学んだ若き考古学者たちも、各自の研究テーマにそって積極的に参加。今年8月には松本剛教授率いる調査隊が来秘していましたが、その発掘調査でもかなりの数の出土品があったようですよ~。それらの埋葬品が公開される日が待ち遠しいです。

日本政府の文化無償資金協力で造られた立派な国立シカン博物館、もちろん外観だけでなく展示内容も充実です。チクラヨに行かれた際には、ぜひ足をお運びください!

あわせてお読みください