カベサ・デ・クラバ

世界遺産 チャビン・デ・ワンタル遺跡

ウェブ上の記事 タイトル: 世界遺産 チャビン・デ・ワンタル遺跡
2016 メディア: AB-ROAD (エイビーロード / リクルート)
  概  要: ペルーに12か所ある世界遺産のうちの1つ、チャビン・デ・ワンタル。アンデスの街ワラスにある、チャビン文化を代表する遺跡です。現在も発掘調査が行われており、その地下構造が徐々に解明されてきています。チャビン遺跡はペルーの屋根、コルディエラ・ブランカを頂く街ワラスの南東に位置し、アクセスが不便なことからツアーで訪れるのが一般的。遺跡は標高3140mですが、途中標高4500m超のトンネルを抜けるなどその行程は厳しく、加えて移動時間も長いので体調管理は万全に。
  (データ最終更新日: 2016/09/10)