メトロポリターノ

リマ市 メトロポリターノ新駅建設を発表

リマ市自治体は18日、市の広報サイトを通じ「メトロポリターノ」の新駅をサンイシドロ区の基幹ルート上に建設すると発表した。

新駅「Andrés Reyes (仮)」の設置は、周囲に企業や官庁が集中するカナバル・イ・モレイラ駅とハビエル・プラド駅の乗客分散によるピーク時の混雑解消が狙い。

インデペンデンシア区とチョリージョス区間の市内14区を専用レーンで結ぶメトロポリターノは、1日約70万人が利用する都市型大量輸送システム。

(ソース: Municipalidad de Lima 18/05/16)

この記事は1年以上前(2016年5月18日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。