国内北部の7刑務所 定員超過で危機的状況に

国家刑務庁(INPE)北部広域事務所の概算によると、域内の7刑務所では収監定員5000人に対し1万3349人の受刑者が収容されている。

このうち男性は1万2748人、女性の受刑者は601人。ラ・リベルタ州トルヒーヨの刑務所では定員1600人に対し4500人、カハマルカ州ハエンの刑務所では定員50人のところ380人の受刑者を収監。

ランバイエケ州チクラヨのピクシ刑務所では、囚人が廊下やトイレ、古い作業場などで寝泊りしている上、100人近くの結核患者が発生。定員超過のみならず、公衆衛生の面でも危機的な状況となっている。

ピクシ刑務所では昨日火災が発生、受刑者2人が死亡し6時間以上におよぶ暴動が起きた。

(ソース: El Comercio 11/10/15)

あわせてお読みください