クスコ・アルマス広場の噴水

クスコのアルマス広場で裸になろうとした男性を拘束

本日早朝、クスコのアルマス広場の噴水によじ登り、インカの銅像と裸で記念写真を撮ろうとしたアイルランド人男性(24)がペルー国家警察に拘束された。

事件が起きたのは7月11日午前5時20分ごろ。当時この男性はアルコールもしくはドラッグにより酩酊した状態で、一緒にいたと思われる人物は警察が到着した後その場から居なくなった。

男性は常識を欠いているとして噴水から降ろされ、取り調べのため市内の警察署に連行された。

(ソース: アンデス通信社)

この記事は1年以上前(2014年7月11日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。