第5回 深澤宗昭 – 暖簾を守り続けて40年 前編

ペルーの首都リマで、本格的な日本料理を提供する「レストラン・フジ」のオーナー、深澤宗昭さん(68歳)。1973年10月30日に妻・悦子さんと3歳の娘を伴い来秘、以来40年以上も異国の地で日本伝統の味を伝え続けている。

実家が割烹旅館だったという深澤さんは、20代にはすでに店を一軒任されるほど商いの経験が豊富だった。また親戚が外国での事業に成功していたこともあり、常々自分も海外へ出てみたいと思っていたという。そんな時、リマで暮らした経験のある悦子さんに、ペルー行きを薦められたのがきっかけとなった。

1960年代から70年代にかけては、ちょうど日本企業の海外進出が活発だった時代。また1973年は、1ドル360円の固定為替相場が変動相場制に変わった年でもある。時流を掴む才。商売を成功させる上で必要不可欠な才能だ。

深澤さんの経験談は、どれもスケールが大きく驚かされる。例えば、「ペルーに和の食材や皿なんかないだろう」と考え、向う2年分、およそ4トンもの食材や食器を持ってきたそうだ。それこそインターネットなどない時代、地球の反対側へ行くのに、最初からこんな大胆な投資ができる人物はそういないだろう。

「フジ」の暖簾をくぐると、威勢のいい「いらっしゃいませ」の挨拶が迎えてくれる。

しかし、深澤さんは笑いながらこう言った。「当時のペルーってのは海外製品の輸入は禁止でね。でもこっちもそんなことは知らないから、税関を通すのにそりゃ苦労したよ」ぐだぐだ考えるよりまずはやってみよう、という何とも豪胆な性格の持ち主だ。

1974年4月1日、リマ市ヘスス・マリア区に故郷の名を冠した「レストラン・フジ」をオープン。当時リマに日本料理店はいくつかあったが、日本人板前が腕を振るうのはフジを含めて2軒しかなく、ペルーで本格的な和食の味を求める日本の駐在員にとって、深澤さんの店はすぐに欠かせない存在となった。昔は日本企業の数も多く、深澤さんは「あの頃は今の3倍、120社くらいはあったね」と当時を懐かしむ。

静岡の実家を継ぐつもりで、ペルー滞在はもともと2~3年の予定だったと語る深澤さん。「ではなぜ日本に戻らなかったんですか?」と訊ねると、「なぜって、あいつ(悦子さん)が俺に黙って勝手に土地を買ってきちゃったんだよ!」と言うではないか。

リマ新市街のミラフローレス区に、夫に内緒でおよそ180坪の土地を購入していたという悦子さん。理由を問いただすと、「子供を育てるなら、日本よりここの方がいい」と答えたそうだ。リマで第二子を出産していた悦子さんにとって、ペルーはすでに第二の故郷となっていたのだ。

彼女の気持ちを汲んだ深澤さんは、腹を決める。1976年9月、悦子さんが購入した土地に現在のレストランを新築し、ヘスス・マリア区から店舗を移転。和食の伝統を今日まで守り続けている。

焼酎好きの深澤さんは、ブドウ農園と提携してフジ・オリジナルのピスコ酒(ブドウの蒸留酒)を開発。
葡萄の古木を選んで造らせるこだわりのピスコは、お湯割りにもぴったり。

定休日や元旦といった特別な日を除き、常に暖簾を掲げてきた「レストラン・フジ」。だが、一度だけ数週間の休業を余儀なくされたことがある。1980年から2000年にかけてペルー全土を恐怖に陥れたテロの時代だ。

アンデス山岳地帯、アヤクーチョの農村で蜂起したテロ組織「センデロ・ルミノソ」は、1980年代前半首都リマに侵攻。1985年前後は毎日市内のどこかで「コチェ・ボンバ」と呼ばれる自動車爆弾が炸裂していた。身代金目的の誘拐も多発し、深澤さんも自家用車を防弾仕様に改造していたという。

社会が疲弊する中、日系ペルー人大統領のアルベルト・フジモリ率いる政権が発足。彼がテロとの戦いを表明した1990年以降は、在住日本人もまたテロリストの標的に加えられる。1991年7月には、国際協力事業団(JICA)の日本人農業技術専門家3人が殺害される事件が起こった。多くの日本企業がペルーから撤退し、駐在員も潮が引くようにリマを離れていった。

そんな矢先、「レストラン・フジ」が襲撃された。


※この投稿は、海外在住メディア広場のコラム「地球はとっても丸い」に2015年8月16日付で掲載された記事を再構成したものです。文中の日時や登場人物等が現在とは異なる場合がありますのでご了承下さい。