ペルーのお菓子アルファフォーレス

4月16日(水) 阪急交通社・海外現地生情報に「みんな大好き!アルファフォーレス」が掲載されました。

これまで幾度となく食べてきてるのに、なぜかそれについて「書く」ことがなかったアルファフォーレス。その魅力を改めて気付かせてくれたのがCさんでした。彼女の「このお菓子、好きなんですよね」という言葉に、ハッと。美味しいし、お土産にもちょうどいいのに、なんでご紹介してなかったのかなーって(苦笑)

お陰様でマンハールブランコの作り方を調べたり、アルゼンチンやチリのアルファフォーレスと比較したり、スペインのアルファフォルの存在を知ったりと、個人的にも勉強になりました。←本文には書いてませんが。いつもいつも周囲の皆さんに「知る」きっかけを頂きます。

Cさん、ありがとうございました~。

あわせてお読みください

“ペルーのお菓子アルファフォーレス” への4件の返信

  1. うわー懐かしいアルファフォーレス!
    美味しかったよなー食べたいなー
    レシピ検索してみます!

  2. さえちゃん、こんにちは!コーンスターチたっぷりのさくさくビスケット生地がオススメだよ~。マンハールブランコは練乳の缶を缶ごと3時間くらい茹でるだけ(圧力鍋でもできます)。ぜひお試しを!

  3. ひゃ~!懐かしい!大好きなお菓子でした、これ~~~~!!
    ペルーに住みだして、一気に体重増えた原因の一つですが、全然後悔していませ~ん!

  4. のこねこさん、コメントありがとうございます(もしかしてTさんですか???) 定番すぎて見過ごしてしまっていましたが、これって普通に美味しいですよね!一口タイプのだとついつい食べ過ぎてしまいます。私もしばらくマイブームになりそうです(笑)

コメントは受け付けていません。