クスコ新国際空港 JV3社がプロポーザル提出

ペルー民間投資促進庁(Proinversión)は、クスコ州チンチェーロ新国際空港プロジェクトに関し共同企業体3社からプロポーザルの提出があったと本日発表した。

同プロジェクトは、クスコ州ウルバンバ郡チンチェーロ地区における新国際空港の設計、建設、資金調達、管理、運営、設備維持及び事業推進に係るPFI。当初概算投資額はUS$4億2千万、コンセッション方式による契約期間は40年とされている。

参加予定7企業体のうち、本日付けでProinversión宛にテクニカルプロポーザルとファイナンシャルプロポーザルを提出したコンソーシアムは次の3社で、各プロポーザル審査の結果は4月25日に発表される予定。

  • Consorcio Aeroportuario Chinchero: Conformado por las empresas VINCI Airports, VINCI Concessions y Graña y Montero
  • Consorcio Kunturwasi: Integrado por Corporación América y Andino Investment Holding → (追記)4月25日、提示額US$264,758,697で一位獲得
  • Consorcio Aeroportuario Imperial: Conformado por el Grupo Odinsa y Mota-Engil Perú

尚、今回のプロポーザル提出を辞退したのは次の4社。

  • Korea Airports Corporations
  • Agencias Universales
  • Ferrovial Aeropuertos
  • Consorcio Internacional OHL-Zúrich, integrado por OHL Concesiones y Flughafen Zúrich

(ソース: Gestión)

あわせてお読みください