一時帰国前半終了

<一時帰国の目的は、
1.人間ドックなど病院系を回る。
2.生活必需品をがっつり買う。
3.家族や親戚、そして気のおけない仲間と楽しい時間を過ごす。
4.仕事・・・ま、これはちょっとだけ(笑)

お蔭様で、1番はほぼ終了。虫歯もなかったし、なぜだか分からないけど視力も僅かに回復していた。本当かなぁ?悪くなる要素ばかりなんだけど。まあペルーの眼鏡屋さんよりは信用できるだろう。何にせよ、回復するのはいいことだ。

加えて、胃のポリープが完全に消えていたのには驚いた。2年前の人間ドックでは結構な数が見つかって、少し気になっていたから。(なんせ我が家は癌家系なもので。)先生の説明を聞きながら胃カメラの映像を見てみると、これがもう感動するほど艶々でピンク色。「こんな新鮮なホルモンやったら、きっと美味しいやろなぁ」と自分で思ってしまうほどの美しい消化器たち。よっぽどストレスのない生活をしてるのね、私。ありがたいことです。ほんと。

ご飯が美味しくて、身体は順調に成長中。困った。困った。でも止められない。

2年ぶりの日本でまず驚いたのは、街に溢れる中国語と韓国語表示の多さ。前からあったけど、この2年ですごく増えた。しかも中国語は2種類(体字と繁体字)もあるから、肝心の日本語の存在感の薄いこと!一瞬「ここは大陸か?」と思ってしまった。

それにしても、英語表示は増えてるように思えない(スペイン語に至っては皆無!)のに何で?日本に観光に来る中・韓の人はみんな金持ちだろうし、高学歴の人も多いだろう。だったら英語でいいじゃん?というか、欧米や他のアジア諸国の人たちに対して、むちゃくちゃ不親切じゃないだろうか。

例えば、日本国内の移動には高速バスをよく使うのだけど、某バスターミナルの電光時刻表は日・中×2、韓だけで英語さえなかった。これで国際都市とは聞いて呆れる。みんな、変だって思わないのかなぁ。

高速バスの車内アナウンスは、日本語と英語の録音テープだ。しかし、サービスエリアの休憩時間など状況によって変化するものは、乗務員が口頭でアナウンスする。でも乗務員は日本語でしか説明しない。しかも、日本人でさえ聞き取りづらいボソボソとしたしゃべり方で。外国人利用者が乗っていたら、英語でも説明するんだろうか。なんか片手落ち。やるならやる、やらなきゃやらないで、ペルーくらい堂々と全て自国語で通せばいいのに。何をしたいのだろう、誰に気を使ってるのだろう。なーんか中途半端で嫌だな。

とまあ、いろんなことを思いながらのんびり過ごしています。もちろん日本のいいところもいっぱい感じつつ。

あわせてお読みください

4 Replies to “一時帰国前半終了”

  1. お上品なお家柄なんですね。
    どの料理も、見たことありません。

  2. コメントありがとうございます。写真のお料理、どれもとても美味しかったですよ。でもこれらは外食でのものですよ。自宅ではもちろん普通の家庭料理を頂いています。

  3. 人間ドック関連お疲れ~
    よかった胃カメラで見た自分の胃を「んまそなホルモン」と思たのがワタシだけやないと分かって(笑)
    今回マンモの技師さんがちょっとザンネンな腕前で、撮り直しで余分に挟まれてイタかったすかり~次回は上手なひとに当たりたいっ
    気の利いた和食、旬の味は今ここでなきゃ味わえないから、(多少)育ち盛りになるとしても鱈腹詰め込んでください…帰国便、バゲージはアレでも体重に制限は無い(はず。たぶん)
    バス旅はガイジンさんにはハードル高いやろね。でもブラジルみたくターミナル番号が実際のゲートと全然一致せぇへん、当然アナウンスも案内もポ語だけっちゅうよか、マシやと思う…

  4. コメント遅れてごめん!ちちゃさんもホルモン連想組みやってんね(笑) そりゃまああれだけきれいなピンク色のモン見たら、みんなそう思うよー。荷物は大変なことになってます。東京でもあれこれお土産を頂いてしまったし!でもそれはとてもありがたいものばかりなので、持ってきたものを置いてかえってでも、ペルーに持ち帰りますわ♪

コメントは受け付けていません。