虫も目覚める・・・そろそろ春?

花今日のリマは突然の「春」だった。ペルーの本当の春は9月22日、日本で言う秋分の日からと決められている。

でも終日半袖で行けちゃうくらい、いい天気!久しぶりの光合成。小鳥も鳴いてるし、花も咲いているし、異常気象なのは分かっているけど、ああ、幸せ。

お散歩しながら、お米を買いに市場へ。今までよく利用していた店があるんだけど、前回は、購入直後からコクゾウムシが大発生。冬なのに、なんでこんなにいるのさ?まあリマの場合は、冬でも17~18度くらいあるけどさ。

花今日お店を覗いてみたら、店頭にある時点でもう黒い姿が見えていた。コクゾウムシがこんなにいるってことは、このお米は無農薬栽培なのかなぁ?それでもやっぱり買う気にはなれない。

仕方がないので、ちょっと高いけどよその店へ。そこのお米には今のところ虫はいないようだ。

店の人に「ペルーのお米の収穫時期はいつ?」と聞いたら、「知らない」と言われた。あとから「9月か10月くらいかなぁ」って言ってくれたけど、そんなことには興味ないらしい。うーん、君たちには「新米」の価値は分からんか。そりゃニンニクと塩と油を入れて炊くんだもんね。

ペルーもそろそろ啓蟄の時期?でもコクゾウムシは勘弁してほしい・・・今日買ったお米、半分は冷蔵庫に入れて保管します。

あわせてお読みください