Museoという名のなんちゃってギャラリー

アンティオキア

ペルー人の生きるパワーと図太さ、いい加減すぎる商売をそれなりに軌道に乗せてしまうビジネスセンスにはいつも感心させられる。あっけらかんとして、卑屈さや後ろめたさの欠片もない。図々しい上に抜け目なく、本当に適当。でもなぜか憎めない。このMuseoもそういう視点でみると面白い。 “Museoという名のなんちゃってギャラリー” の続きを読む