アレキパ旅行 サンタ・カタリナ修道院

entradaMonasterio de Santa Catalina (サンタ・カタリナ修道院) 16世紀にフランシスコ・トレド副王がアレキパを訪れた際、当時の市議会からかねてよりの修道院設立に関する意向を持ち掛けられ、これがサンタ・カタリナ修道院創立のきっかけとなった。 続きを読む アレキパ旅行 サンタ・カタリナ修道院

アレキパ旅行 コルカ渓谷とコンドル

P1010638.jpgヤンケ (Yanque) のオスタルで目を覚ます。ここはアレキパの市街地から西へ約160km・標高3650mにあるコルカ渓谷観光の起点となる町。

早朝、凍えそうになりながら身支度をし、オスタルで軽く朝食を食べて出発。そうそう、ここのパパイヤジュースは沸かしたばかりの水道水を使ったのか、温かかった。初めて飲んだフレッシュパパイヤ・ホットジュースの味は、とてもイマイチ。

続きを読む アレキパ旅行 コルカ渓谷とコンドル

アレキパ旅行 白い街に眠る永遠の美少女・フアニータ

File25061.jpgアンパト火山の美少女フアニータは、人類学者Johan Reinhard氏とアレキパ・聖マリアカトリック大学の合同調査隊による「南アンデス霊峰プロジェクト」の23年以上に亘る学術調査の結果、1995年9月8日に発見された。

続きを読む アレキパ旅行 白い街に眠る永遠の美少女・フアニータ

クスコ旅行 マラスの塩田

CIMG0209.jpgウルバンバ川を横目にマラスへと向かう。クスコからマチュピチュにかけては行ってみたい遺跡がたくさんあった。いろんな情報を集めれば集めるほど行きたい場所が出てきて困る。

でも、その中でどうしても惹かれたのがマラスの塩田だった。ネットで初めて見つけた時に思わずトルコのパムッカレを思い出した。青い空に真っ白な段々が続くその姿を見て今回どうしてもはずせない場所となったのだ。

ウルバンバの街を抜けて車は左へ。どんどん高度を上げて山の上に向かう。なーんにもない平原みたいな場所に看板が1つ。「Salineras de los incas “MARAS”」高度3358mの高原の中に突然見えた。

続きを読む クスコ旅行 マラスの塩田

クスコ旅行 ピサック・カルカ

CIMG0183.jpg眼下にクスコのアルマス広場を望む。早朝、クスコを離れて聖なる谷へ。まずは北東約32kmにある美しい村、ピサックへと向かう。ピサックはかつてインカの首都クスコを守る主要な砦のひとつで、村の教会では今でもケチュア語で伝統的なミサが行われていると言う。

続きを読む クスコ旅行 ピサック・カルカ

リマ在住ライターのペルーなひととき