「vino」タグアーカイブ

4月17日はマルベックの日

毎年4月17日は「世界マルベックの日」。1853年のこの日、当時のアルゼンチン大統領ドミンゴ・ファウスティーノ・サルミエントがフランス人農学者にワイン造りを託し、その後アルゼンチンでマルベック種ブドウの栽培によるワイン醸造が始まったとされる。

2011年に制定されたこの記念日にちなみ、今年はペルーのピウラ州でもホテルやレストランが関連イベントを開催。「古き良きワインに称賛を」とのコンセプトの下、4月16日から23日にかけ同州のHotel Los Portales (16日), Deli Market Nicolini (22日) やVolentieri Pizzería (22日) 、Capuccino Gourmet (23日)で催しが行われ、参加者はメンドーサ産の59Nなど洗練された赤ワインを味わうことができる。

世界マルベックの日は、アルゼンチン産マルベック種ワインの地位向上を図り、同国におけるワイン産業の成功を讃える国際的な記念日で、ブエノスアイレスを始めニューヨークやワシントン、ロサンゼルス、バンクーバー、ロンドンなどの各国主要都市で祝賀イベントが開催される。

(ソース: El Comercio 16/04/16)

ソトコト森林への愛と世界最古のシャンパンへの愛

6月4日(土) ソトコトのあの国の人が健康な理由に「アマゾンのシャーマンを育む多様な植物と森の精霊たち」が掲載されました!

今月のソトコトのメイン特集は「森林愛」。-2011年は国連の定める「国際森林年」。創刊12周年特別号は、森への愛を高らかに謳い上げる総力特集です。-なのだそうです(ソトコトのウェブサイトより拝借)。

今回は、ペルーアマゾンに暮らす人々と森との深い繋がりをご紹介しました。自然に逆らわず、敬い、利用し、共存するアマゾンの人々。ああ、またあの森に帰りたいなって思います。

★★★★★★★★★★

さて週末の大統領選挙に向け、恒例のLey Seca(禁酒令)期間に入りました。「お酒を売っちゃダメー、飲んじゃダメ―」と言っても、それは公共の場の話。家で飲む分には問題ないのです。

Ley Seca前には、市内のスーパーが必ずお酒の大セールを行ってくれるので、我が家も昨日しっかり購入しておきました♪さっ!これで週末は万全だ。ワイン片手にペルーの行く末を見守りますか!

ところで、昨年7月フィンランドの自治州オーランド島マリエハムンで世界最古のシャンパンが発見されたお話、ご存じですか?難破船の中から引き揚げられた168本のシャンパンは約200年前のものとされ、「世界最古のシャンパン」として日本でも話題になりました。

冷たい海水の中で静かに横たわっていたため、奇跡的に飲用可能な状態なのだとか。とはいえ、シャンパン(発泡ワイン)って古くなると開封してなくてもまずいからね~!いくら飲用可能でも、一体どんなお味なのやら(笑)

6月3日、そのシャンパンのオークションがフィンランドで行われました。その最古のシャンパンを射止めたのはシンガポールのバイヤーで、お値段は2本でなんと54,000 euros (78,000ドル) !うち1本はVeuve Cliquot (ヴーヴ・クリコ)、お値段は30,000 euros (43,380ドル)。

El Comercioの記事によると、これまで世界で最も高価な発泡ワインは2008年に売られた1959年物のドン・ペリ・ロゼで、40,000ドルだったそうです。当初の予想では1本あたり600万円位になるのでは?と言われていたらしいので、それからみると、随分お安く評価されたような。やっぱり発泡系だからね~、ワインと違うもんね。

ま、いずれにせよ、世界には金持ちがごまんといるちゅうことですな。我が家はチリ産、アルゼンチン産のご近所お手頃ワインで十分です♪