白髪抜き

乗っていたバスが、ちょうど客待ちをしているタクシーの横に止まった。眼下では、タクシーの運ちゃんが熱心に自分の白髪をピンセットで抜いている。あは、なんてステキな光景だろう。これだから街角ウォッチングは止められない。

ゆっくり行こう

昨日の夜、流しのタクシーを捕まえた。運転手は小柄なおじいさん。「●●通り、知ってる?」と聞くと、「●●通り、知ってる」とそのままリピートするだけ。どうやら無駄口を叩かない頑固系オヤジらしい。