地球はとっても丸い 編集後記

12月15日(金)海外在住メディア広場「地球はとっても丸い」にこちら地球丸編集部-237号 編集後記が掲載されました。

誰もが36年ぶりのサッカーW杯本大会出場に湧いたペルー。そのノリで編集後記を書いたのに、チーム主将パオロ・ゲレロのドーピング問題で意気消沈。うーむ、困った、あの勢いはどこへやら…なんて思っていたらなんと!昨日ゲレロの試合出場停止期間が6か月に軽減され、ロシア大会でのプレーが可能に!ファンにとってこれ以上のクリスマスプレゼントはないですね。これからもまだまだ夢が見られそう・・・よかった、よかった♪

一方、今まさに悪夢を見ているのがペルー大統領PPK。ただいま汚職問題に関する大統領罷免動議討論会の真っ最中。あと数時間のうちに続投か罷免&解散総選挙かという歴史的瞬間を迎えます。いずれにせよ齢80の老体にこの状況は酷というもの。さっさと若い世代に席を譲ったほうが身のためでは?なんて思ってしまいます。だって心臓発作で死んじゃったら元も子もない!

そんなこんなの2017年12月21日。ペルーは今朝11:28分に夏を迎え、爽やかな空が広がっています。嬉しい話題とドロドロ国会。うぅぅ、ドキドキ。何というか本当に飽きさせない国ですね。

あわせてお読みください