ペルーのモツ料理いろいろ

11月11日(土)AB-ROAD海外ガイド記事に好きな人にはタマらない!ペルーは知られざるモツ料理天国が掲載されました。

ペルー料理といえばセビーチェやロモ・サルタードばかりに注目が集まりますが、モツ料理も実にバラエティ豊か。旅行者にもお馴染みのアンティクーチョだけでなく、スープや煮込み料理、ホルモン焼きなどいろんな料理があります。アンデスの寒村で食べるパタスカなんて、もう堪らない美味しさ!身体の芯から温まります。

トップ写真はアンデスのとある屋台で食べたヤギの頭のスープ。どうやって食べようかと躊躇していたら、屋台のおばさんがかぶりつく真似をしてくれました。ヤギの顔にかぶりつくオンナ・・・コワイww 頬や唇のあたりはコラーゲンたっぷり、歯が立派過ぎてちょっと食べづらいのが難点かな(笑)。沖縄のヒージャー汁(ヤギ汁)は臭いと聞きますが、こちらは臭みなんてまったくなし。スープも見た目以上にあっさりしていたし、レモン汁やアヒを加えながら食べるのでさらにさっぱりでした。クスコのメルカド・デ・サン・ペドロにもヤギのスープを出す店があるので、機会があればぜひ一度お試しくださいね。

あわせてお読みください