グローバルアイ/世界の健康食トレンド

9月1日(金)社団法人 家の光協会の月刊誌「家の光」2017年10月号に、グローバルアイ/世界の食卓を変えつつある健康食トレンドが掲載されました。

世界で起こっているさまざまな出来事にフォーカスする「グローバルアイ」、今回のテーマは「世界の健康食トレンド」についてです。野菜嫌いが多く、栄養素や食のバランス、添加物について無頓着な人が少なくないペルー人。野菜サラダを食べる意味を失うほどレッシングをかけたり、カップの大小に関わらず「コーヒーには砂糖3杯!」の習慣を守り続けたり、着色料や保存料だらけのお菓子を何の躊躇もなく子供に与える人をよく見かけます。

一方首都リマの新市街を中心に、ビーガンに傾倒する人がどんどん増えています。少しくらい高くても、体にいいものを選び続ける人達。両者の違いを観察すると見えてくるペルーの社会構造や経済力の差。ペルーはどこに視点を定めるかで事実が全く異なる・・・そんなお話をレポートさせて頂きました。

JA会員誌である「家の光」は一般書店にないのが残念ですが、地元農協施設や銀行の待合には置いてある可能性大!もし見つけたらぜひお手に取ってご覧くださいね。

あわせてお読みください