SONIDOS VIVOS ルーチョ・ケケサナ コンサート@GTN

ペルーを代表する音楽家・作曲家Lucho Quequezana(ルーチョ・ケケサナ)。彼のライフワークともいえる「Sonidos Vivos/生きた音楽」のコンサートが、リマ市サン・ボルハ区のGran Teatro Nacional(国立大劇場)で開催!

ルーチョ・ケケサナは、25もの管・弦・打楽器を弾きこなす若き音楽家。ペルー国内ダブル・ゴールドディスク、プラチナディスク認定、2014年ラテングラミー・ノミネートのほか国内受賞は数知れず。公式ペルー文化大使も務める彼は、まさにペルー音楽界の至宝。そのルーチョが、世界の音楽家たちと織りなす音の饗宴が「Sonidos Vivos/生きた音楽」だ。2015年にリマ国立競技場で行われたSonidos Vivosの感動を、今でもはっきり覚えている。あの時は、最初から最後まで興奮しっぱなしだったなぁ。ペルーのフォルクローレはもとより、ケーナやサンポーニャといった民族楽器のイメージががらりと変わったコンサートだった。

今年で丸10年という節目を迎えるSonidos Vivosには、尺八奏者の小濱明人さん(日本)を始め、カナダ、トルコ、中国、ベトナム、ベネズエラ、コロンビアの演奏家が参加。在住者の方にぜひオススメしたい、ペルーの魅力再発見になること間違いなしのコンサートだ。

そしてもしかしたら…小濱さんにインタビューができるかも!ますますワクワクしてきた!皆様もこのワクワクをぜひご一緒に!

★Sonidos Vivos/生きた音楽★
開演:2017年9月29、30日、10月1日
時間:20:00開演
場所:Gran Teatro Nacional en San Borja(国立大劇場)
チケット:Teleticket (WongとMetroの中にあります)

あわせてお読みください