パンアメリカン競技大会 選手専用道路延べ203km確保へ

パンアメリカン競技大会組織委員会(COPAL)は27日、2019年のリマ大会で選手と関係者の移動・輸送用に専用ルートを確保すると発表した。

同委員会のジュリアナ・ロドリゲス代表は、リマ首都圏で競技施設や宿泊場所、空港などを結ぶ15計画ルート(総延長302km)のうち203km分は専用道路(レーン)になると報告、例としてメトロポリターノの隣接車線使用を挙げた。

残りの99km分は優先通行扱いとし、他にも各拠点間の移動手段として自転車専用道の建設構想(延長90km)が明らかにされた。

これらの特設ルートは同大会が開催される2019年8月11月~26日までの16日間継続使用される予定。

(ソース: El Comercio 28/09/17)

あわせてお読みください