LATAMペルー航空 15日から国内線機内飲食サービス有償化

LATAM(旧LAN)ペルー航空は、すべての国内線における機内無料飲食物配付サービスを3月15日から廃止すると発表した。

以降は55種類の飲み物と軽食が同社ウェブサイト“Mercado LATAM”を通じ販売される。ただしミネラルウォーターのみグループ内のコロンビア国内線同様無償で提供される予定。

各飲食物の値段は座席前ポケットのメニューに表示され、現金あるいはクレジットカード(Visa、Master)で決済可能。機内販売以外にも、乗客は空港内で購入した飲食物を航空会社が認める範囲で機内に持ち込むことができる。

LCC(格安航空会社)の相次ぐペルー市場参入に対抗するため、LATAMグループでは他の南米諸国路線同様この6月から最大20%の値下げを実施する予定で、飲食物サービスの変更はその一環としている。

なお、同社の国際線機内飲食サービスについては今まで通り無償にて提供される。

(ソース: RPP 08/03/17)

あわせてお読みください