洪水で逃げたワニ4匹捕獲 5匹は行方不明

国家森林・野生動物機関(SERFOR)は15日、洪水で動物園から逃げた4匹のワニ(カイマン3匹とクロコダイル1匹)を住民の通報により捕獲したと伝えた。

これらのワニは、ランバイエケ州フェレニャフェ郡ハヤンカにあるラスピルカス動物園から降雨による洪水に乗じて逃げ出した動物の一部。近隣のエルカウティボ集落住民が昨日目撃し、同園に通報していた。

捕獲に先立ち住民の一人がカイマンにかまれて軽傷を負ったため、同園ではこれらの動物に近寄ったり捕まえようとしたりせず、地元の警察か同園にすぐ連絡するよう注意を呼び掛けている。

同園は、カイマン4匹とクロコダイル1匹がまだ行方不明で、コンゴウインコやオウム、ハジロシャクケイなどの鳥類数羽が盗まれた模様と発表した。

(ソース: RPP 15/03/17)

あわせてお読みください