2016年ラテンアメリカベスト50レストラン ペルーは9店がランクイン

今年で4回目となる「Latin Americas’s 50 Best Restaurants」の授賞式が26日夜メキシコシティで行われ、1位のCentral、2位のMaidoを始め、ペルーからは9店がランクインした。

Virgilio Martínez(ビルヒリオ・マルティネス)の Central(セントラル)は今年3年連続で首位を獲得。日系人 Mitsuharu Tsumura(ミツハル・ツムラ) の Maido(まいど)は昨年の5位から2位に上昇した。

2016年のトップ10レストランは次のとおり。

  1. Central (リマ/ペルー)
  2. Maido(リマ/ペルー)
  3. D.O.M.(サンパウロ/ブラジル)
  4. Boragó(サンティアゴ/チリ)
  5. Pujol(メキシコシティ/メキシコ)
  6. Qintonil(メキシコシティ/メキシコ)
  7. Astrid y Gastón(リマ/ペルー)
  8. Maní(サンパウロ/ブラジル)
  9. Tegui(ブエノスアイレス/アルゼンチン)
  10. Biko(メキシコシティ/メキシコ)

また、ペルーからのランクインと順位は以下のとおり(カッコ内は昨年度の順位)。

1. Cantral(1)
2. Maido(5)
7. Astrid y Gastón(3)
12. La Mar(12)
27. Osso Carnicería y Salumeria(34)
30. Rafael(50)
34. Fiesta(31)
38. Malabar(20)
41. Isolina(-)

(ソース/写真: El Comercio 27/09/16)

あわせてお読みください