日秘をつなぐ “ファッション大使“ 横塚永美子さん

9月10日(土) マガジンアルク9-10月号 世界で活躍する国際派プロフェッショナルに、日本とペルーを“おしゃれ”でつなぐファッション大使が掲載されました。

リンセ区のC. C. Arenalesにある「Pop Freaks」、アジア発の“カワイイ”商品を販売するショップです。そのオーナーの横塚永美子さんが、今回の「国際派プロフェッショナル」。彼女はショップオーナーとしてだけでなく、繊研新聞に寄稿したり、リマのファッション専門学校で講師を務めたり、そこの生徒たちと一緒にペルー発のエシカルファッションを創造すべく、The Chaccu project(チャク・プロジェクト)を立ち上げたりと、さまざまな分野で活躍。まさに日秘をつなぐファッション大使なのであります。

彼女の言葉の端々から「服が好き」という思いが伝わってきて、インタビューはとても楽しいものとなりました。もちろん横塚さん生来のセンスと感の良さ、物を見る確かな目と行動力にも関心しましたが、「○○が好き」というオーラを発してる人特有の前向きさというか、プラスのパワーがなんともいえず心地よくて。そんな横塚さんだからこそ彼女を応援したいという人が自然に集まり、物事がうまく展開していくのでしょうね~。素晴らしい!

マガジンアルクは会員誌ですが、次号が出るころ(11月)にはアルコムのサイトにアップされる予定。またお知らせしますので、ぜひご覧くださいね。横塚さん、この度はご協力ありがとうございました♪プロジェクトの成功をお祈りしています!

あわせてお読みください