ムンド・アミーゴ幼稚園

第12回 大森雅人 - 野球と幼稚園、教育者としての道 後編

8月25日(木)海外在住メディア広場 「地球はとっても丸い」にペルー移住物語 第12回 大森雅人 - 野球と幼稚園、教育者としての道 後編 が掲載されました。

結婚を機に一家の大黒柱としての自覚が生まれ、同時に家族を養うという重大任務に気付いた大森さんは、あれほど打ち込んできた野球から一度離れる決意をします。そして始めたのが、「ムンド・アミーゴ幼稚園」でした。教育者として生きる喜びを見つけた大森さん。しかし次々と問題が起こります・・・

話を聞きながら、「よくまあ諦めなかったものだ」と心底感心してしまいました。自分の進むべき道を見つけた人は、これほど強くなれるんですね(もちろん野球で培った、強く逞しい精神があったからでしょうが)。どれほどしんどかっただろうと想像するだけでゲンナリしますが、一方でとても羨ましい人生だなぁと思います。「これが大好き!」「これさえあれば他はいらない!」と想えるものを持っている人は、本当に素敵ですね。

子供たちや幼稚園の話をする大森さんは、本当に楽しそう。大きな身体を揺すりながら笑う姿は、とても印象的です。子供たちの未来のために、これからもますます頑張って下さいね。この度はどうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です