ペルー人

2016年 ペルーの人口3148万人

国立情報統計庁(INEI)は11日、2016年6月30日時点のペルーの人口を3148万8625人と発表した。うち男性は51.1%、女性は49.9%。

全国の人口密度は1k㎡あたり24.5人で、沿岸部に55.9%、山間部29.6%、アマゾン地域には14.5%の国民が居住。24州のうち998万5664人の人口を抱えるリマ州が最大、次いでラ・リベルタ州(188万2405人)、ピウラ州(185万8617人)、カハマルカ州(153万3783人)、プーノ州(142万9098人)の順に多く、これらの州には全国民の53.0%が住んでいる。

一方、人口が少ない州はマードレ・デ・ディオス州(14万508人)、モケグア州(18万2333人)、トゥンベス州(24万590人)、パスコ州(30万6576人)、タクナ州(34万6013人)、アマソナス州(42万3898人)など。

地区別ではリマのSJL区(111万5686人)が最大、またSMP区(71万4952人)を始め、アテ区、コマス区、VES区、VMT区、SJM区がそれぞれ40万以上の人口を抱える。

2016年度の人口増減予想は、出生57万4957人(人口1000人当たり18.3人)、死亡17万8553人(同5.7人)、外国への流出5万9603人(同-2.0人)で、合計33万6801人の増加(同11人増)。

2016年の全世界人口は約74億500万人、アメリカ大陸の35国家にはうち13.5%の10億100万人が居住。ペルーは現在世界42位、全米では8位の人口を抱える国家で、独立200周年を迎える2021年に3300万人、2050年には4000万人に達するとINEIは予想。

(ソース: INEI)

この記事は1年以上前(2016年7月13日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。