電力会社

家庭用電力料金今日から0.7%値下げ

電力料金の各月見直しにより、本日4日から家庭用0.7%、商工業用0.9%の値下げがそれぞれ適用される。

エネルギー・鉱業投資監督庁(OSINERGMIN)は、発電・送電・配電に関わるコストを実勢価格に合わせ毎月見直し、消費者向け電力料金に反映。

今回の値下げは、送電・配電セクターのコスト減少、およびアプリマック州のラス・バンバス鉱山開発とアレキパ州セロ・ベルデ鉱山の拡張による電力需要増を考慮したもの。

(ソース: El Comercio 03/05/16)

この記事は1年以上前(2016年5月4日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。