日本在住ペルー人 欧州ビザなし旅行は7月7日以降か

ペルー外務省は31日、欧州シェンゲン領域への査証免除渡航条件のひとつであるIC旅券の発行開始予定日を2月26日と発表した。

初回の発行は5000冊で、3月は1万冊、4月には3万冊を予定している。世界111か所の在外公館については、スペインのバルセロナとマドリードならびにイタリアのミラノとオランダのアムステルダムがそれぞれ6月11日から、その他公館も7月7日までに従来のパスポートに替えIC旅券の発行を開始する見込み。

同省責任者は、EU諸国における移民問題がペルー人の査証免除渡航承認手続に影響することはないと断言。また数日中にビザ免除に関する情報キャンペーンを実施すると述べた。

シェンゲン領域へのビザ免除は90日以内の観光目的渡航が対象となり、報酬を得る行為など目的外の活動には国外追放の適用もあり得ると結んだ。

(ソース: El Comercio 31/01/16)

あわせてお読みください