タクナ⇔アリカ国際列車4月運行再開

複数回におよぶ仕切り直しを経て、ペルーのタクナとチリのアリカを結ぶ国際鉄道路線の再開が今年4月に変更された。実現すれば4年と1か月ぶりの運行再開となる。

客車の定員は48人で、アリカからは一日2便が運行される予定。この列車は時速約60kmで走行、タクナ⇔チリ間をおよそ90分で結ぶ。

(ソース: Gestión 15/02/16)

あわせてお読みください