どんどん変わる移民局

毎年恒例の移民局、外国人税(Tasa Anual de Extranjería)の季節がやってきた。年末にお知らせしたとおり、今年2月からはシステムが大きく変わり、銀行で税を支払った後ネットで手続きができるようになるという。だが色んなことが信用できない我が家は、本日さくっとイミグレに行ってきた。

いつもは8時少し前に到着し、外でしばらく並んだ後、ドアが開いた途端怒涛のように中に流れ込むのが常だったが、今年は大きく違っていた。8時過ぎに到着した(イミグレの時計は25分ほど遅れているらしい…)ものの、前に並ぶ人はさほど多くなく、しかも初めて「整理券」を貰ったのだ。おぉ、憧れの整理券!これがあれば、過去どれほどのトラブルが回避できたことだろう?こんなに空いてるのに整理券もないが、有難くいただいて着座した。前方の壁には液晶パネルが掲げられ、手続き中の整理券番号が表示されている。でもTAEに関しては、係員が「何番から何番はあちらへ移動してください」と人力で誘導するから、画面の存在意義はあまりなかった。

外国人税支払システム変更のお知らせ待合室には例のシステム変更のお知らせが。私がそれを見ていたら、横にいたトラミタドール(手続き代行人)が「2月からは新しいシステムになるんだよ」と教えてくれた。私が「でもペルーのシステムは信用できないから」と答えると、ちょっと苦笑い。そんなことより、おじさん!自分の仕事が減ることを心配したほうがいいよ~!

窓口でカルネと銀行の支払い証明書と整理券を渡したら、ものの1分で手続きは終了。今回もステッカーはなく、Constancia de TAE(外国人税支払証書)もなし。その代り、支払い証明書にぐりぐりっとサインをしたものを返してくれた。「後は移民局のサイトで確認できるから」と冷たいお姉さん。なんとまあ呆気ないことか。

イミグレ到着から退出まで20分ほど、本当にあっという間に終わってしまった。ここ何年かの自分のブログを読み返して、その進歩に涙が出る。これでネット手続きが完全に運用されるようになったら、まるで先進国!…でも、人と人との触れ合いがどんどん無くなっていくなぁ。本当に勝手なもんだと自分でもあきれるが、一抹の寂しさを感じてしまうのは否めない。

2015年のイミグレ
2014年のイミグレ
2013年のイミグレ

あわせてお読みください

“どんどん変わる移民局” への2件の返信

  1. いつも記事を楽しく拝読しています。25年程前からペルーには何回か来ていますが、今回の来秘は5年ぶりです。いまミラフローレスに滞在していますが、たった5年でもその進歩(?)に驚かされました。なんだか嬉しいような寂しいような。でもこの国の人たちが誇りを持って嬉しそうに「経済状況はなかなかいいよ」と話を聞くとこちらまで嬉しくなります。

    1. Kayoさま、コメントありがとうございます。恐らくここ数年間の変化は、それ以前の何十年より遥かに急激なものではないかと思われます。良い面も多々ありますが、だんだん杓子定規になっているような部分も…あのルーズさがよかったのに、なんて話もあるくらいです(笑)今年は大統領選挙の年でもあり、また大きく変化するでしょう。人の温かさはそのままに、その上で経済や治安がよくなっていくといいですよね。

コメントは受け付けていません。