マイナビ びっくり仰天ペルーの労働法その2

12月7日(月)マイナビニュース・キャリアレポートに労働者に手厚すぎる? ペルーの正社員が増えない理由が掲載されました。

前回に続き、とっても素敵なペルーの労働法をご紹介。正社員解雇が如何に難しいかというお話です。日本のブラック企業にペルー労働法の爪の垢?でも飲ませたい。それくらい企業泣かせ&労働者の味方なのです。

つい最近も新しい労働法が公布されました。1つは妊娠・出産を理由に解雇できないというもの。もう1つは従業員が家庭内暴力を受けていることが証明された場合、企業は生産性の低下を理由に解雇できないというものです。確かに精神的に不安定な状態で解雇されたら、金銭面でも大変なことになりますよね。私生活を仕事に持ち込むなといっても、やはり難しい場合もあります。ペルーは家庭内暴力から死に至る女性が少なからずいるので、こういう法律は必要かもしれません。

ただ本来は企業でなく、暴力を振るった相手に責任を負わせるべき。なのにそうならないところがとってもペルー的です。刑務所が満杯で、逮捕しても入れる場所がないからかもしれません。色々間違っていますが、とりあえずペルーの正社員が幸せなのは間違いありません(笑)

あわせてお読みください