「日本人の奥さんを貰えてボクは世界一幸せ」なペルー人経営者の働き方

12月1日(火)マイナビニュース・仕事レポートに 日本での経験を活かして実家のプールを改装 – ペルー人経営者の働き方 が掲載されました。

リマ市北部のサン・ファン・デ・ルリガンチョ区で、家族とともに温水プールやサウナを経営するマリオさんは、仕事熱心で誠実で、とってもステキな男性です。温水プール開業のころの苦労話なんて、もう涙(と笑い)なしには聞けません。今でも十分成功しているのに、「もっと頑張って、もっとみんなに喜んでもらいたい」と一生懸命仕事に取り組む彼の姿勢には、本当に頭が下がります。お話を伺えてよかった。どうもありがとう!

ちなみにマリオさんは、日本人バックパッカーに大人気の “お宿桜子” のオーナー、ナツキさんのご主人様。彼女への想いを語る彼はとっても堂々としていて、これまたイイオトコだな~としみじみ♪ステキなご夫婦ですよ。

マリオさんの温水プール教室 “Academia de natación El Delfin ”のコーチ陣はとっても優秀!ペルーで正しい水泳を指導できる人はまだ多くはありませんが、なのにDelfinにはちゃんと集まって来るのです。一体なぜ?その理由もご紹介しています。ぜひご覧ください!

あわせてお読みください