206系統Javier Prado線急行バス本日から運行

今日21日から、ラモリーナ区とサンイシドロ区を結ぶ新規ルート(206系統)路線バス「ハビエル・プラド⇔ラ・マリーナ線」の運行が開始される。

通常の営業時間帯は午前5時半から午後11時まで、片道12のバス停を計133台のバスが4~6分間隔で運行。既存の202系統のものに新たに6か所が加えられた206系統のバス停は次のとおり。

東⇒西行き: Av. La Molina, Los Viñedos, Los Frutales, Camacho, La Floresta, Evitamiento, Rosa Toro, Aviación, Guardia Civil, Nicolás Arriola, Las Orquídeas (La Positiva), Petit Thouars

西⇒東行き: Javier Prado, Parodi, Rivera Navarrete, El Parque (Ricardo Palma), Guardia Civil, Aviación, Rosa Toro, Jockey Plaza, Manuel Holguín, Ceibos, Frutales, Membrillos

現在のところ206系統の運行を担うのはECOExpress Javier Pradoコンソーシアム1社のみ。

(ソース: El Comercio 20/12/15)

あわせてお読みください