アヤワスカ

アヤワスカのセッション中に観光客が友人を刺殺

16日夜、幻覚作用のある植物「アヤワスカ」を用いたセッション中に、カナダ人観光客が友人のイギリス人観光客を刺殺するという悲劇が起こった。

事件はロレト州の州都イキトスとナウタを結ぶ街道の25km地点に位置するフェニックスアヤワスカセンターで発生。加害者は26歳のカナダ人男性。

目撃者の証言によると、アヤワスカを飲んだこのカナダ人男性は、妻と友人のイギリス人男性が不倫におよぶビジョンが見えたようで、ナイフを掴みこの友人の腹部を切り裂いたという。イギリス男性は間もなく死亡した。

その後警察と当直の検察官が現場に到着。男性の遺体は検視に回され、司法解剖の後本国に送られる。

(ソース: RPP 17/12/15)

この記事は1年以上前(2015年12月18日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

「アヤワスカのセッション中に観光客が友人を刺殺」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。