クスコ地方政府 サンタ・テレサに観光オフィス開設

クスコ地方政府通商観光局(DIRCETUR)は、同州コンベンシオン郡サンタ・テレサ地区に地域で初となるツーリストオフィスをオープンした。

通商観光局代表のカルロス・ランドアウロ・カストロ-クーバは、サンタ・テレサ地区からマチュピチュ遺跡へと向かう観光客の安全確保および関連旅行代理店への指導などが観光オフィス開設の目的と発言。

また、サンタ・テレサ首長ウィルベルト・サンタ・クルスは、地方政府管轄初の行政施設であり、マチュピチュを始めチョケキラオ遺跡やコカルマヨ温泉などへ向かう観光客にもより気配りができるようになると述べた。

(ソース: Andino 9/10/15)

あわせてお読みください