ただひたすらに石を穿つ 青木通子さんの物語 前編

6月18日(木)海外在住メディア広場 「地球はとっても丸い」にペルー移住物語 第3回 ただひたすらに石を穿つ 前編が掲載されました。

ペルーで活動する石彫家、青木通子さんの移住物語。最初は厳しい方かもと思ったけれど、話を伺ううちに、彼女独自の世界観にどんどん惹かれていく自分がいました。

「下を見るとね、萌黄色の海とまっすぐの海岸線、それから黄色い砂漠がどこまでも続いていたんです」と伺った時の感動と言ったら!萌黄色の海。なんという表現でしょう。今振り返ると、私はこの言葉を世に出したくて仕方がなかったんだと思います。

それと同時に、「こんな凄い人なのに、どうして母国語である日本語での情報がまったくないんだろう。勿体ない!」という思いに駆られました。なので、取材・執筆の許可を頂けたことを、とても嬉しく思っています。

ちなみに彼女にプロポーズした和食料理人は、あの小西紀郎さん。夫婦の逸話もいくつか伺いましたが・・・いやはや、何から何までケタ違いのご夫婦です。後編もお楽しみに!

あわせてお読みください