フルーツたっぷりのエモリエンテ

進化したペルーのエモリエンテ!

6月30日(火)阪急交通社・海外現地生情報にあなたはフルーツ派?それともピスコ派?進化したペルーのエモリエンテ!が掲載されました。

ペルーの健康茶「エモリエンテ」。初めて屋台で飲んだ時は恐る恐るだったこのお茶も、今では見つけたらとりあえず飲む、というくらい大好きな飲み物になりました。

伝統的なエモリエンテは大麦やスギナをベースとしたお茶に、ウニャ・デ・ガトやアルファルファ、ボルドなど昔ながらのハーブを加えたまさに健康維持のためのお茶ですが、最近はチチャ・ラモーダのようにパイナップルやカリンなどのフルーツを加えるものが増えましたね。効能より味重視になってきたのでしょうか?

今回ご紹介したのは、そんなフルーツたっぷりのエモリエンテのお店と、特製エモリエンテやピスコ・マセラード(ハーブやフルーツを漬け込んだピスコ)を使ったカクテルのお店。近くに立ち寄ったら、ぜひ一杯どうぞ♪

ちなみに私のお気に入りは、Av. Aramburuにいたエモリエンテ屋さん。注文すると、ちゃんとアロエの葉を切って、そこからネバネバ成分をいっぱい入れてくれるんですよ!とっても美味しかったんだけど、最近見かけない・・・。露天商だったから、追い出されちゃったのかな?また飲みたいなぁ~。

この記事は1年以上前(2015年6月30日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。