アルパカ

ペルーのファッションブランドAyni 日本上陸

5月末に開催された「ペルーモード2015」でディーラーの注目を集めたペルーのファッションブランド「Ayni (アイニ)」。コレクションで自社製品を披露した後は早速ビジネスモードに入り、米国、イタリア、日本、北欧の各ブランドと既に交渉をまとめた。

アイニの幹部によると、同社は2種類の交渉に成功しているという。ひとつは海外ブランドのための衣料生産、もうひとつはそれぞれの国の各ブランド店舗に自社製品を置くことだ。「前者に関しては最低3万ドル規模の生産で取引を始めていますが、アジア市場向けの注文が非常に多いんです」と話す。

今の所、アイニは自社コレクション(ベビーアルパカならびにコットン素材のカーディガンからジャケットまで)のバーニーズ・ジャパンを通じた販路を獲得、日本のマーケットへの進出を果たしているが、さらに中国や韓国の富裕層にも照準を合わせている。

幹部陣は、主にニューヨークで開催される国際ファッションフェアをこれらアジア市場への足ががりとしているが、日本の文化に食い込むには日本のディーラーとの契約が欠かせないと語る。

アイニブランド製品の95%は輸出用だが、今年はリマのバランコもしくはミラフローレスへの自社ブランド店舗開設が期待されている。現在はサンイシドロのDesinersのような高級ブランドを扱うブティックで販売されているという。

(ソース: Gestión 01/06/15)

この記事は1年以上前(2015年6月1日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。