雨

真夏のリマ 夜中に降雨

昨夜11時ごろからおよそ3時間、リマ首都圏の広い範囲で「夏の雨」が降った。

ペルー気象庁(Senamhi)は、この雨をアンデスなどの山間部から強風によりリマへと押しやられた雨雲が原因と説明。この先国内中部および南部山地で続く風雨により、日曜までは同様の現象が予測されるという。

その他にも、リマのラモリーナ区で一昨日今夏の最高気温30.7℃を記録したと伝えた。

(ソース: アンデス通信社)

この記事は1年以上前(2015年1月30日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。