ひまわり

FELIZ AÑO NUEVO 2015

2015年1月2日夕刻。やっと落ち着いてPCに向かう時間ができた。細かいことは省略するが、とにかく私は機械モノと相性が悪い。優しく扱っている(つもり)のに、なぜかPCやカメラの機嫌を損ねてしまう。我が家のシステム担当に「一体何をやったんだ」と毎回怒られるが、本人は何もしていない(つもり)のだから仕方がない。

幸せの黄色いパンツ以前に書いたかもしれないが、PCに嫌われる度に、昔会社で初めてノートパソコンを支給された時のことを思い出す。「人間、機械に支配されるようになったら終わりや!世の中パソコンだらけになったら、私はジャングルに移住する!」と豪語していた20代のあの日。それがまさかジャングルのある国に暮らすことになるとは、誰が予想できようか。もしかしたらPCの神様が、「そない言うなら、ちょっくら行ってもらいまひょか」と意地悪をしたのかもしれない。今もPCがフリーズする度に泣いているが、その意地悪には心から感謝している。

大晦日の人形たち大晦日は終日大掃除に精を出し、夕方のシャワーで一年の垢をすっきりと落とした。路上で買った黄色いパンツを着装し、黄色グッズも準備万端。さっ!これで幸せな新年を迎えるぞー!

夜はいつもお世話になっている某所にて、紅白を観ながら年越しそばを頂くという恩恵に与った。May J.には反応しないのに、薬師丸ひろ子が年を取ったとか、明菜は思ったより元気そうだとか、やっぱり聖子の歌詞はいいという話題になるのは、揃ったメンツの世代を反映していて実に面白い。

新年の花火年明けまで時間があるというので、そのままリンセの怪しいスナックに流れ込み、人様のボトルでおおいに酔っぱらった。普段ウイスキーやバーボンは飲まないが、TPOと言うのだろうか、こういう店ではおっさん臭い酒がよく合う。

何時に帰宅したか記憶にないが、「明日は1時に焼肉!」という約束だけは覚えており、元旦の午後はついさっきまで一緒に飲んでいたメンツでまた酒を酌み交わした。噂にたがわぬ料理の腕に感心し、美味しい料理に舌鼓。惜しむらくは、前日の酒がまだ残っていたことかな。次回はぜひシラフの日に呼んでください。

2015年も健康で、美味しいものがたくさん食べられますように。美味しいお酒と楽しい仲間に恵まれますように。もちろん仕事も頑張ろう。色んな人に会って、いろんな景色を観て。新しいことにもチャレンジしたいな。去年貰ったたくさんの刺激を、これからどう活かしていくべきかよく考えよう。

ということで皆々様、新年あけましておめでとうございます。不束者ながら、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事は1年以上前(2015年1月2日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。