ペルー観光協会 マチュピチュ遺跡の夜間公開を提案

ペルー観光協会(Canatur)のJorge Jochamowitz会長は、さらなる外国人観光客獲得に向け夜間のマチュピチュ遺跡公開を提案した。

会長は、「最近の照明技術を考えれば、遺跡にダメージを与えずにマチュピチュをライトアップし、観光客に24時間公開するのはたやすいだろう。夜のマチュピチュは昼間よりもっと魅力的なものになると思う」と述べた。

また、ナイトツアーで外国人観光客が倍増し、一日当りの総数は6千人程度になるだろうと語った。

(ソース: Gestión)

あわせてお読みください