Machu Picchu

マチュピチュ遺跡 午後限定入場料金を新設定

ペルー通商観光省(Mincetur)は、世界遺産マチュピチュ遺跡への午後限定ディスカウント入場料金プランを正式に設定、エル・ペルアーノ紙を通じ本日公告した。

この新料金はペルー人とペルー在住の外国人に適用される。入場は午後1時からに制限されるが、値段は大人S/.45・学生S/.22と通常より65%程度安くなる。新料金の適用期間は向う6か月間とされている。

午前中に集中する観光客の分散化による遺跡への物理的な負担の軽減と、安価な料金設定でより多くのペルー人観光客を呼び込むのが同省の狙い。

(ソース: アンデス通信社)

2014年12月13日追記: 上記新料金は12月12日から有効となった。同キャンペーン価格で入場可能な時間帯は13:00~17:30。

この記事は1年以上前(2014年11月26日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。