チャパリ自然保護区

チャパリ自然保護区とメガネグマ

11月5日(火) ソトコト12月号の世界を知るトビラ World & Japan Newsに貴重なメガネグマを守れ!チャパリ自然保護区が掲載されました。

南米大陸唯一の熊、メガネグマ。その穏やかで愛らしい表情を見ていると、この動物が絶滅の危機に瀕しているなどとても思えません。またピューマやアンデスコンドル、砂漠に暮らすキツネなど多くの野生動物が人間によってその生息地を追われ、数を減らしています。かといって、その地に暮らす人々の生活ももちろんある訳で・・・

人と野生動物の共存、その取り組みに成功している数少ない例として、チクラヨ郊外のチャパリ自然保護区をご紹介しました。以前からずっと興味のあった場所なので、今回は本当に楽しかったな~。

チャパリ自然保護区については、また観光記事でもご紹介したいと思っています。ペルーの美しい自然をどうぞご堪能ください。

この記事は1年以上前(2014年11月5日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。