Serpost 来週から通常業務へ

ペルーの民間郵便会社「Serpost (セルポスト)」は、1カ月以上におよぶ労働組合のストライキを中止し来週月曜から通常業務に戻る。アナ・ハラ首相が自身のツィートで明らかにした。

同組合は、交通通信省に年間賞与S/.2500の支払いを求め、9月半ばに無期限ストを開始。両者はこのたび年S/.2200の支給で妥結、組合はストの中止を発表した。

セルポスト社は、ペルー政府とのコンセッション契約に基づき、1日70万通以上になる国内・国際郵便や小包等の集配業務を請け負っている。

(ソース: エル・コメルシオ / Radio San Borja)

あわせてお読みください