リマ国際空港到着外国人観光客狙いの強盗を逮捕

8月14日、リマ国際空港(ホルヘ・チャベス国際空港)に到着した外国人観光客に対し路上強盗を繰り返していた男をペルー国家警察が逮捕した。

逮捕されたレンソ・アルトゥーロ・ロメロ・アワナリ容疑者(20)は犯罪者集団「エアポートのメッサー(外科医)」の構成員で「ダチョウ」の通り名を持ち、7人の仲間と共にリマ国際空港周辺において少なくとも22人以上の外国人観光客を襲ったとされる。

同容疑者は点火プラグで自動車のガラスを割る「bujiazo (ブヒアソ)」と呼ばれる手口を用い、空港周辺のラ・マリーナ通り、フォーセット通り、スクレ通りで移動中の観光客を襲撃していた。

(ソース: Peru21)

あわせてお読みください