マンタロ渓谷

リマ-ハウハ便 9月1日から就航

リマ国際空港とフニン州ハウハ郡のフランシスコ・カルレ空港を結ぶ国内近距離路線に、9月1日からアンデスエアーが就航する。

アンデスエアーのラファエル・マンリケ・ゴンサレス営業部長によると、76人乗りの機体でリマとハウハ間をおよそ28分で結ぶこの新路線は、月・水・金の週3往復運行される模様。

フニン州の州都ワンカヨの商工会議所は、首都リマとマンタロ渓谷間における交通問題解消へのステップとして、同路線の就航に期待を寄せている。

(ソース: アンデス通信社)

この記事は1年以上前(2014年8月22日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。