コンビ

Tacna-Arequipaルート運行開始で除外されるバス路線

リマ市新型バス路線ルート3
(出典: Municipalidad Metropolitana de Lima)

リマ市交通ネットワーク再編計画の柱となる最初の補完バス路線、タクナ通りとアレキパ通り間のルートにおいて、7月26日(土)から新型バスの運行が開始される。

リマック・リマセントロとミラフローレスを結ぶこの路線は、現在計画されている主要5ルートのうちの一つ。同ルートを通過するバスは現在87路線あるが、統廃合により13路線に再編される。

95人乗り新型バスの乗車料金はS/.1.50で、運行時間帯は午前5時から午後11時になる模様。運行間隔は平日が4~6分、土曜が5分、日曜が7分間隔となっている。

尚、今回の再編により同ルートから外れるバスは次のとおり。

  • Orión IO27
  • Orión OM21
  • Orión IO28B
  • Callao – Ate OM44 (Cons. Inversiones Los Ángeles del Perú)
  • Callao – Villa María IO20 (Translima S.A.)
  • Santa Luzmila NO37
  • Amancaes IO85
  • Etupsa 73 – NO07
  • Las Flores IO99
  • Etusa EO35
  • Rímac – Ate EM29 (Agrup. De Transp. en camionetas S.A.)
  • Santa Cruz NO03
  • El Rápido NO42
  • S.M. de Porres – S.J. de Miraflores NO24 (Agrup. De Transp. en camionetas S.A.)
  • E.T. y servicios Nueva América S.A. NM11
  • E.T. Colonial IO65

(ソース: LaRepublica.pe)

この記事は1年以上前(2014年7月23日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。