マチュピチュ遺跡 混雑緩和のため観光専用出口を新設

マチュピチュ遺跡
早朝のマチュピチュ遺跡

世界遺産マチュピチュ遺跡に新たな観光用の専用出口が設けられることになりそうだ。同遺跡公園を管理するフェルナンド・アステテ・ビクトリア氏が伝えた。

観光客の混雑緩和が目的のこの出口は2年前に提案されたもので、計画ではマチュピチュ遺跡の下方(南と東側)に設置される。歩道の素材検討のための現地踏査が近く終了し、来月ユネスコによる評価が実施される模様。供用開始は2014年になる見込み。

(ソース: Perú21.pe)

あわせてお読みください