クスコ国際空港 9月から離発着時間延長へ

aeropuerto03.jpgペルー交通通信相カルロス・パレデスは、クスコ国際空港(アレハンドロ・ベラスコ・アステテ空港)における航空機の滑走路使用時間帯を9月から延長すると述べた。

同措置は観光客の増加に対応するためのもので、これにより現在17時30分までと定められている航空機の離発着時間が19時45分まで延長される。

クスコを訪れる観光客は年平均約230万人。離発着時間の延長は同州チンチェーロへの新国際空港建設まで継続される見込み。

(ソース: LaRepublica.pe)

この記事は1年以上前(2013年8月28日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。