一時帰国2013

時差ぼけにて、ブログ中。

2年ぶりの一時帰国は、オーバーブッキングから始まった。座席予約はちゃんとしてあったし、代理店はリコンファームの必要はないって言った。それに空港にはちゃんと3時間前に到着した。
にもかかわらず、カウンターのお姉ちゃんは「もう座席ないのよねー」と。

「なんで?そんなのおかしいでしょう!」とクレームしたら、「だってないんだもん、仕方がないのよ!」と逆切れ。さすがLAN、やってくれるわ。

すったもんだした挙句、予定のLA行きからN.Y.行きに変更してもらった。(でもN,Y.行きのフライトが1時間も早いものだったから、その後は走った、走った!)

カウンターのお姉ちゃんはなんだかなーという感じだったけど、フライト・アテンダントは気さくな人たちばかりだった。でも日本人観光客が多いフライトだったせいだろうか、「あら、あなた、スペイン語しゃべれるの?よかったー!やっぱり言葉が通じるっていいわよねー♪」と、フライト・アテンダントにあるまじき発言を普通にしてきた。いやいや、あんたら、それ、日本人の私に言う話とちゃうし。

N.Y.到着。さっむー!外は真っ白、雪景色!乗り換えはLAだと思ってたから、上着はまだ預け入れ荷物の中に入れたままだった。この冬のN.Y.の寒さは年末年始に旅行に行った人たちから聞いていたけど、「そっかー、でも冬に東海岸なんかいっちゃダメだよねー」と思っていた私。でもまさか自分が来ることになるなんて(涙)すみません、人が「寒い」と言ったら、素直に「寒いんだね」と思うようにします。

さて。N.Y.からはUAに乗る予定だったが、なぜかコードシェア便のANAに振り分けられていた。LANのカウンターのお姉ちゃんはガムをくちゃくちゃさせながら対応してくれたけど、さすがANA。全然待ってないのに、「お待たせいたしました。お客様」の一言からサービスが始まった。

座席はプレミアム・エコノミーでまずまず快適♪やっぱり少しでも座席が広いと身体が楽だ。

それにしても、日本の航空会社のサービスって、やっぱり素晴らしいー!ご飯も美味しかったし、お酒も飲み放題。隣のオジサンがシャンパン、ワイン、ウイスキー、ビール、またワインに戻って飲み続けていた上にその度におつまみ頼んでるのにはちょっと辟易したけどね。

成田には当初の予定より1時間半も早く到着。あまりの人の多さにちょっと疲れた。スーツケースをだんなの実家に送るため宅配カウンターへ。係りの人が「割れ物、貴重品はないですかー」というから、素直に「お酒の瓶が入ってます」と言ってしまった。

(係) 「瓶類はお預かりできないんです。抜いていただくか、別送となります」
(私) 「どうして?飛行機でも割れないように梱包してあるから、心配しなくても大丈夫よ」
(係) 「いえ、決まりですから」
(私) 「荷物を放り投げない限り、割れないってば。
飛行機の扱いがどんなのか知ってるでしょ?」
(係) 「いえ、でも万が一がありますので・・・」
(私) 「別送ってお金取るの?」
(係) 「はい、料金は○○円となります」
(私) 「荷物が重いから宅配を頼むのに、重たいお酒を別にするって、客にメリットないじゃない?」
(係) 「いえ、決まりですから」

あのー、これって私がクレーマーなんでしょうかね。こっちがいいって言ってるんだから、いいじゃない?どうしても心配なら、一筆書かせればいいだけなのに。

「お客様の自己責任で、万が一瓶が破損しても保障しないというのにサインを頂ければ」っていうオプションがあってもいいじゃんねぇ。能面みたいな顔して「決まりですから」って言われると、ほんと、カチンとくる。日本的にはどうなんだ?やっぱり、私がおかしいのか?

とまあ、そんな感じで戻ってきました。日本滞在、これから楽しみます♪

あわせてお読みください

“一時帰国2013” への6件の返信

  1. こんにちは。
    ペルーから日本までは、長距離フライトですが、
    日本でどうぞごゆっくりしてください。やはり、
    日本でしか食べられないものを是非ご賞味を!
    やっぱり、LANって、ダメですねぇ。基本的に、
    中南米で優秀な航空会社ってないように思い
    ますが、LANは、特に、レベルが低いですね。
    それにしても、リマ~N.Y.がLANで、N.Y.~成田
    がUAって言うのも、?な気がしますが...

  2. のっけからオーバーブッキングでめちゃ寒い方回り!!
    や~もうこれはブログの神様が「ネタと授けてたも」と杖を振ったとしか…悪いなと思いながらもウケちゃった。CAの問題?発言
    もね。ラテンの国はホンマにスペ語しか通じないのね~(一箇所だけポル語だが 笑)
    TAMがいつからかLATAMになってたもんで、てっきりブラジルのキャリアかと思いこんでたわ。
    航空会社が残念なのはブの国も同じ(いやもっとトホホかも。飛行機が定時に説明無しのゲート無しに飛ぶ方が少ないですから)
    日系キャリアのサービスはなんと言うかこっちが「痒い」という前にその場所に手が届くカンジとでも言いますかね?
    …それを当たり前とカンチガイして図に乗るんじゃねぇ「酒つまみ連呼」おやぢっ(苦笑)
    お酒の件は正直者がなんとやらで気の毒でしたね。
    係員がラテン人だったら根負けして「しょうがないなぁ」で済ませてくれると思うけど、マニュアル厳守の日本人係官に遭っちゃね、しかたありますまい。

  3. うん、分かる分かる。そのノリの違い…
    帰る道中だけでも、
    南米 → アメリカ → 日本
    と、おもてなし文化の変化が見られておもしろいと思います。
    私も先日の帰国時に、日本の「お客様は神様」的な扱いに感動しつつも、その反面で「安全第一すぎて、融通利かない!」部分に腹立てたことも多々…。
    トコロ変わればですねー。
    ま、そういう部分も、ある意味おもしろい発見…久々の日本を満喫してきてねー♪
     

  4. こんにちは。毎日きのこ類やらお漬物や信州の味覚を楽しんでいます。ご飯を食べ過ぎるのが難点ですが、ヘルシーな分、体調もすこぶるよいような(笑) LANとUAの組み合わせって不思議ですよね。互いに提携しているわけじゃないのに、しかも今回のようにLANの尻拭い?までさせられるし、何かメリットがあるのでしょうか?

  5. うん、あの日系キャリアのサービスを当たり前なんて思っていたら罰が当たるよねー。彼女たち、あれだけ低姿勢で働いて給料いくらなんだろう?って思ってしまった。あと思っていたより年齢が若くなかったのもちょっと好感♪昔のANA&JALって数年働いたら結婚退社って決まってたような記憶があるからさー。空港での宅配サービスの件はfbで友達が教えてくれたんだけど、昔スーツケースに入っていたお酒が割れて、それが他の人の荷物を濡らしてしまって裁判沙汰になったんだって。まー、自分のは酒臭くなっても仕方がないけど、他人からってのは嫌だよな。仕方なし。でも最近は色々面倒くさいねぇ。。。

  6. 「融通が利かない」はまさに、だよね。マニュアル化されすぎ。しかもそのマニュアルの細かいこと!自分で考えて臨機応変に対応するっていうの、大切だと思うけどね。そこまでの裁量を社員に与えてないってことかな。ま、なんでも面白いです。日本、満喫してるよ!やっぱご飯おいしー!

コメントは受け付けていません。