建設中のリマ市高速、人口河川側壁崩壊で水没

昨日から(河川流量の増加による)工事区間の漏水で心配されていたリマ市の都市高速道路プロジェクト”Vía Parque Rímac”建設現場だが、今朝方人口河川のコンクリート製側壁の一部が崩壊、溢れた水により建設区間が浸水する事故が起きた。

この事故は、昨晩漏水が見られた(政府宮殿近くの)トルヒーヨ橋付近で発生、これにより(リマック川と並行する車道の)”Via de Evitamiento”も一部冠水した。

昨日(12月27日)午後、この現場の施工業者は、リマック川の夏季増水により来年1月から3月の間同区間の工事を中断、4月1日から再開すると発表していた。

(ソース: エル・コメルシオ)

この記事は1年以上前(2012年12月28日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。