ある意味命がけ!のリマの花火事情

12月26日(水) 阪急交通社・海外現地生情報に「年末恒例!打ち上げ花火でよいお年を」が掲載されました!

先日のブログでもご紹介しましたが、リマ市内で打ち上げられるクリスマスと年越しの花火はなかなかの見物。ですが皆様、どうかお気を付けて。花火を上げている奴らのそばには決して近づかぬよう!

なんたってモラルがありませんからね~。まあ遊びに夢中になった子供を制止するなんて、世界中どこでも無理なのかもしれませんが。

fuego.JPGブレブレで恐縮ですが証拠写真。この子たち、公園のゴミ箱に花火を放りこんでます。もちろんゴミ箱にはゴミもたんまり。火事になったらどうする?それより、ゴミ箱自体爆発するかもしれないよ?そんなこと考えちゃいない。楽しけりゃなんでもやっちゃいます。毎年けが人続出。でも学ばない、学んでもすぐ忘れちゃうのがペルー人の愛すべき特徴の一つ。

加えて子供たちを見守るはずの大人がはしゃいじゃったりして、そうなったら手の施しようがありません(苦笑)そこかしこで打ち上げられるため、大抵のご家庭(ホテルでも)から花火が見えるでしょう。リマの花火はうちでのんびり眺めるモノ。そう思うと、安心して楽しめます♪

★お知らせ★
12月30日(日) ラジオ番組FM802 Superfine Sundayに出演します。皆さま、大掃除でご多忙でしょうが、どうぞよろしく♪

この記事は1年以上前(2012年12月27日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

「ある意味命がけ!のリマの花火事情」への2件のフィードバック

  1. 花火事情からしても…
    やっぱイの国と似てるような 笑
    FMうむむ~聞ける場所やな今。
    忘れんよにせねば!やわ
    ともあれよいお年を!

  2. ペルーはただいた31日の夕方です。2012年は本当に良い年でした。これもひとえに皆様のおかげ、ちちゃさんの応援のおかげです。本当にありがとね~!2013年もよろしくお願いします!

コメントは停止中です。